プラセンタ美容液 効果 ほうれい線

プラセンタ美容液でほうれい線対策

挿絵

女性が抱えやすい肌のお悩みについて詳しく見ていきましょう。
まずは「ほうれい線」です。

30歳近くなったら顔をチェック!

ほうれい線は、鼻の両ワキから口角へ向けて左右対称に伸びるシワをいいます。これがあるだけで顔から若さがグッと失われ、年齢を重ねた印象が生まれます。

ドラマや映画で、若い役者さんが歳を取った役をするとき、ほうれい線を強調するメイクを必ずしています。それほど「年齢顔」の代表格といってよい厄介なシワなのです。

25歳を超えると誰でもほうれい線の魔の手が伸びてきます。「まだ大丈夫」と油断していると、ある日突然「自分の顔にびっくり!」なんてことになりかねません。

ほうれい線は何故出来る?

この厄介なほうれい線。特段変わりのない生活をしているのになぜ突然できてしまうのでしょう? 原因は紫外線、乾燥、表情筋の衰えです。紫外線については、毎日しっかり日焼け止め対策をするのはもちろんですが、アウトドアで過ごした楽しい時間が残念な結果を生んだ、というケースもありますので十分注意しましょう。
20歳を過ぎたら念入りなUVカットを心がけましょう。

ふつうの生活をしていてるから安心!という人も、洗顔や入浴で肌の水分が失われるとほうれい線が出来やすくなるんです。ご存知でしたか?

化粧水や美容液を毎日たっぷりお肌に与えてください。
プラセンタ配合のものを使えば更に効果が上がります。

補給とエクササイズで対策を

ほうれい線を作らない、なくすためには次の2つが有効です。
  • 必要な成分の補給
  • 表情筋のエクササイズ
必要な成分を補給するには、美容液や化粧品にアンチエイジングの救世主・プラセンタ配合のものを選びましょう。年齢を重ねると成長ホルモンがあまり分泌されなくなりますので肌からハリが失われシワができやすくなります。プラセンタを補給して足りない分を補いましょう。

エクササイズについては、口を閉じたまま舌をぐるぐる回す運動が効果的です。

また、ずっと無表情でいると頬に肉がついて「ほうれい線が余計に目立つ」「フェイスラインが崩れる」ことにつながるので、笑ったりお喋りしたり、豊かな感情表現を意識して心がけたいですね。

↓↓イチオシ!!プラセラ原液↓↓