プラセンタとは

挿絵

プラセンタがお肌にいいとかアンチエイジングに最適だ、と聞いたことのある方は多いと思います。プラセンタは、英語で胎盤を意味します。といっても美容液や健康食品に使われるプラセンタは、胎盤そのものではありません。

簡単にいえば、胎盤から細胞分裂を促進する成長因子や栄養素を抽出したもの、それがプラセンタになります。胎盤は受精卵からできており、子宮に着床した受精卵は2つに細胞分裂します。着床して2つに細胞分裂した受精卵は、ひとつは赤ちゃんに、ひとつは胎盤になります。このように、新しい細胞を作り出すことに胎盤は大きく関わっているのです。

赤ちゃんと胎盤はホースのようなものでつながっており「臍帯(へその緒)」になります。胎盤の役目は、母体から栄養を取って成長因子を作ることです。たとえば母体が栄養が摂れない状況でも栄養状態の良い赤ちゃんが生まれるのは、胎盤が大きな役割を果たしているからなんです。

プラセンタは、新しい細胞を作り出す助けになるだけでなく、血流を良くして体内の情報伝達物質、ホルモンバランスの向上を促して肌をきれいにしたり、体調を良くしたり、やる気を起こしたりします。こういう効果を通じて美白や新陳代謝アップ等に効果があるとされているのです。

例えば医療機関では、更年期障害患者に対しプラセンタによるホルモンバランスを整える治療を行っています。プラセンタの力はすごいものなんです。

↓↓イチオシ!!プラセラ原液↓↓