プラセンタ 種類

プラセンタの種類について

挿絵

美容液や健康食品などで使われるプラセンタとは一体どんなものでしょうか。

プラセンタは胎盤からの抽出物です。胎盤は妊娠した母体にのみ存在します。

多くの商品には、豚・馬・羊のプラセンタが使われています。

中には植物性のプラセンタもありますが、植物性プラセンタには成長因子が存在しないので美肌効果はあっても細胞活性効果がありません。多くの方が、馬や豚や羊など動物性プラセンタを美容に取り入れているのはそのためなんです。

プラセンタを美容に取り入れている方の多くは「ハリが無くなった」「乾燥肌が気になる」「お肌の弾力を取り戻したい」「アンチエイジングしたい」といった悩みを抱える人です。

近年アミノ酸含有量が高い「馬プラセンタ」に人気が集まっていますが、サラブレッドの胎盤を使っているので希少価値が高いようです。

ヒトプラセンタは、人間の胎盤から抽出したものですが、市販の美容液や美容ドリンクには含まれません。ヒトプラセンタは、肝臓病や更年期障害の治療やシミ・シワ・ニキビ対策のため医療機関で使われています。

出産した女性が胎盤を食べる習慣がある国もあるそうですし、野生動物も胎盤を食べるケースがあります。それだけ胎盤は、生命活動に良い影響を与える存在です。

↓↓イチオシ!!プラセラ原液↓↓