プラセンタ美容液 効果 たるみ

プラセンタ美容液でたるみ対策

挿絵

年齢を重ねた女性はフェイスラインの崩れを感じやすくなります。
太ってしまった、むくんでいる、というケースもありますが、特に変化はないのにシルエットがぼやける場合は、肌にたるみが出ている可能性があります。この悩みについて見ていきましょう。

伸びたまま戻らない!?たるみの原因

たるみの原因を説明するときわかりやすいのが風船のたとえです。風船に空気を入れてパンパンにしてから空気を抜くと元の状態に戻りません。この状態が肌で起こっているのが「肌のたるみ」です。肌の柔軟性や弾力性が失われている証拠です。

若いうちはなかなか起こりませんが、新陳代謝が低下するにつれ、肌のやわらかさや跳ね返すチカラが弱くなって全体的にたるんでくるのです。

対策は真皮から

肌の奥にある真皮にはコラーゲンやエラスチンといった繊維成分があります。ベッドのスプリングのように弾力性があり、これらがきちんと細胞分裂さえしておれば、新しい繊維に支えられて多少のダメージは跳ね返しますし、重力に負けることもありません。

しかし年齢を重ねると代謝が悪くなるので、真皮がゆるくなり充分な弾力を保てなくなります。ですから真皮の約75パーセントを構成するたんぱく質を補給する必要があります。

プラセンタ補給と生活改善

たるみに対抗する方法としてまず挙げられるのは、紫外線を予防する、タバコを吸わない、睡眠を良く取る、といった生活習慣の見直しですが、年齢によって低下した代謝のチカラを補うプラセンタ美容液や化粧品によるサポートも忘れてはいけません。

真皮まできちんと栄養が届くよう、身体の中からも肌からもバックアップしましょう。ほうれい線と同じく表情筋を鍛えるエクササイズも効果があります。

たるみについては、首からあごの筋肉も大きく影響しますので、パソコンのモニタやスマートフォンの画面を猫背になって見つづけるといった姿勢をやめて、首をスッとしっかり伸ばすクセをつけることも効果がありますよ。

↓↓イチオシ!!プラセラ原液↓↓